開催概要

高千穂郷・椎葉山地域世界農業遺産フォーラム~神楽がつなぐ地域の絆~

高千穂郷・椎葉山地域世界農業遺産の重要な構成要素の一つであり、認定5町村に共通する伝統文化である「神楽」をテーマにフォーラムを開催します。

代表3地区保存会による神楽奉納をはじめ、神楽によって育まれる地域の絆や農林業とのつながり、保存・継承活動についての講演、報告等を通じて世界農業遺産の魅力を体感していただきます。

高千穂町の旭ヶ丘保育園児による子ども神楽も予定しています。
皆様のご来場心よりお待ちしております。

内容をPDFでみる

神楽紹介

椎葉神楽

椎葉神楽は、椎葉村内26ヶ所の集落で伝承されている神楽を総称し椎葉神楽とよんでいる。11月中旬から12月下旬にかけて行われる夜神楽で、神楽は椎葉の村人にとって一年を締めくくる祭りであり、地元では「冬祭り」、「年祭り」ともよんでいる。
神楽の演目は、集落によって20番近くから40数番までと様々で、太鼓の調子、舞手の衣装、御神屋の飾り付けなど村内でも趣を異にしている。

高千穂神楽

高千穂町で伝承される夜神楽は、「高千穂の夜神楽」として昭和53年、国の重要無形民俗文化財に指定されている。町内には30の神楽保存会があり、そのうち20地区が夜神楽を伝承。
夜神楽では、里ごとに神様を神楽宿にお招きし、夜を徹して三十三番の神楽を一晩かけて奉納する。ようやく陽が集落を照らし始める頃、「岩戸五番」と呼ばれる舞開きの演目が奉納され、一番の盛り上がりを見せる。

日之影神楽

日之影神楽は、日之影町内に分布する神楽の総称であり、11月中旬から2月中旬にかけて、秋の実りに対する感謝と五穀豊穣を祈願して、各集落で神楽が奉納される。神楽の系統は、「深角系」「岩戸系」「岩井川系」「四ヶ惣系」の4つに分類され、今回奉納される宮水神楽は「深角系」に属される。平成29年8月には宮崎県無形民俗文化財に指定された。

世界農業遺産とは

世界農業遺産 (Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS):ジアス)は、2002年(平成14年)、食料の安定確保を目指す国際組織「国際連合食糧農業機関」(FAO、本部:イタリア・ローマ)によって開始されたプロジェクトです。

世界農業遺産は、近代化の中で失われつつあるその土地の環境を生かした伝統的な農業・農法、生物多様性が守られた土地利用、農村文化・農村景観などを「地域システム」として一体的に維持保全し、次世代へ継承していくことを目的としています。 「国際連合教育科学文化機関(UNESCO (ユネスコ))が推進する世界遺産が、遺跡や歴史的建造物、自然など「不動産」を登録し保護することを目的としているのに対して、世界農業遺産は、地域のシステムを認定することで保全・活用につなげていくことを目指しています。

高千穂郷・椎葉山地域について

森林に囲まれ平地が極めて少ない環境下で、人々は針葉樹による木材生産、広葉樹を活用したしいたけ生産、高品質の和牛生産、茶の生産、棚田での稲作等を組み合わせて生計を立ててきました。

標高の高い傾斜地で農業用水を確保するために建設された山腹水路は500kmにも及び、用水供給のほか、斜面を流れ落ちる雨水を受け排水することで、周囲の集落を災害から守る役割を果たしています。
また、地域に伝わる伝統文化「神楽」は、五穀豊穣などを願う神事の舞踏です。

現在もほとんどの集落で神楽が奉納され、厳しい山間地で暮らす人々が生活の安定を願う祈念の場として大切に受け継がれています。

世界農業遺産 高千穂郷・椎葉山地域(特設サイトに移動します)

フォーラム内容

日時、場所

日時 平成30年3月18日(日曜日)
時間 12:30〜15:30(11:50開場)
場所 宮崎観光ホテル東館3階 光耀の間
※Google Mapでのルート案内はこちら
定員 500名(先着順、事前申し込み必要)
※3/16日まで申込み受付けを延長します。
参加料 無料

プログラム

11:50 開場
12:30
  • オープニングアトラクション 高千穂町旭ヶ丘保育園
  • 講演 宮崎県立看護大学 教授 大館真晴氏
  • 椎葉神楽奉納
  • 報告 宮崎大学地域資源創成学部 講師 井上果子氏
  • 高千穂神楽奉納
  • 発表 高千穂町立高千穂中学校
  • 日之影神楽奉納
15:30 終了

お申し込み・お問い合わせ

FAXからお申し込みの方

フォーラムへご参加の方は、申し込み用紙をダウンロードしご記入の上、事務局へお送りいただくか、下記フォームにてお申し込みください。

【FAX送信先】0985-24-0621 【お問い合わせ電話番号】0985-22-3333

参加申込受付事務局 株式会社MRTアド

※お電話にてお問い合わせの際は、電話番号のお間違えのないようご注意ください。

WEBからお申し込みの方

同意する

個人情報の取り扱いについて

高千穂郷・椎葉山地域世界農業遺産フォーラム事務局(以下「当局」といいます)は、お客さまの氏名・生年月日・住所・お申し込みのサービス内容等の個人情報の保護に関し、以下の取組みを実施いたしております。また当事務局が運営する本サイト(以下「本サービス」といいます)において、お客様よりお預かりした個人情報を保護し適切に取り扱うため、以下のとおり個人情報の取扱いについてを定め、この方針にしたがった個人情報の適切な取り扱いを行います。

個人情報の収集

当局は、本サービスの提供にあたり、適正に個人情報を取得致します。

個人情報

個人情報とは、当該情報を構成する氏名(フリガナを含む)、住所、電話番号(携帯電話・FAXを含む)、電子メールアドレス、携帯メールアドレス、その他連絡先に関する情報、生年月日、性別など、お客さまから当局に提供される情報であり、お客さまと識別できるものをいいます。また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的にお客さま個人を識別できるものも個人情報に含まれます。

個人情報の利用目的

当局は、当局が取得したお客さまの個人情報について、本サービスに関連する広告宣伝またはマーケティング・問い合わせの対応の目的のために利用いたします。利用目的を超えて利用することはありません。

個人情報の第三者提供について

1.当局は、本サービスの提供にあたり運営の委託先に対して委託業務に必要な範囲でお客さまの個人情報を提供するほかはあらかじめお客さまの同意を得ることなく、第三者に提供致しません。
  ただし、以下の場合にはお客様の同意なく個人情報を提供することがあります。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

2.本サービスのうちお客さまがご要望された内容によっては、お客さまのあらかじめの同意を得たうえで、当局と機密保持契約を締結している業務委託先に、必要な範囲でお客様の個人情報を第三者に提供する場合があります。

個人情報の適用範囲

本個人情報の取扱いについては本サービスにおいてのみ適用されます。サービス以外のウェブサイトにつきましては、たとえサービスからのリンク先であったとしても、それぞれのウェブサイト運営主体が定める個人情報の取扱いに関する諸規程が適用されます。外部ウェブサイトにおいて個人情報を登録する場合にはお客さまご自身の判断により登録を行うものであり、外部ウェブサイトの個人情報の取扱等について、当局は責任を負いません。

個人情報の正確性・安全性

当局は、お客さまの個人データの正確性、最新性を確保するため、お客様にご協力をお願いする場合があります。ただし、ご提供いただいた個人情報の内容の正確性については、お客さまが責任を負うものとします。

個人情報の本人確認

お客さまは、本サイトにおいてお客さま保有個人データにつき、確認、訂正・追加・削除、利用停止およびサービス提供者への提供停止(以下「確認等」といいます)の手続きを行うことができます。
上記の方法で確認等を行うことのできないお客様の保有個人データにつきましては、当局所定の手続きに従い、確認等のご請求を行ってください。
ただし、当局は他のお客様その他第三者の生命・身体・財産その他の利益を害するおそれのある場合、当局の業務遂行に著しく支障をきたすと判断した場合、対応することが法令に違反する場合には、確認等のご請求をお受けできないことがあります。